髙橋漠

1986年 福岡県生まれ

多摩美術大学でガ ラス工芸を学び、卒業後は修行を経て2015年に地元である福岡へ帰郷。様々あるガラス技法の中でも、主に宙吹きという技法を用いて制作している。宙吹きならではの”溶けたガラス”を使った作品からは、不思議で豊かなガラスの表情を垣間見ることができる。2016年より、ガラス作家の和田朋子と共にガラスウェアブランド、「TOUMEI」を開始。

Baku Takahashi

Born in Fukuoka, Japan in 1986,  He is a graduate of Tama Art University. In 2016, aside from his own work, he established TOUMEI, a studio especially making glassware, with a glass artist Tomoko Wada. TOUMEI means 'transparency' in Japanese.

Interview article on T Magazine

自分の頭の中にある完成イメージをそのまま作品にしても、できあがったものをつまらないと感じる時があります。

頭の中にあるイメージとはどこかで見た風景や制作物、画像などに影響されて存在していると考えています。その中でも記憶の底にあるような、あるいは頭の中で繋がっていなかったイメージ同士をあわせるような、自分が思いつかないような造形を目指して制作しています。

作品にとりかかる時はまずスケッチをします。いざ紙に向かうと、頭が固くなり思いついた形をつまらなく感じますが、たくさん描いているうちにだんだんと頭の中から余計な考えが消えて、新鮮なデザインが出てくるようになります。

また、吹きガラスという技法でガラスを扱う時は熱や重力で勝手に形を変えるので、スケッチの中には無い自然物のような柔らかく、シャープな形を与えることができます。

自分にとってガラスという素材の魅力とは新たな発見が尽きないというところであり、いつもワクワクさせられながら飽きることなく制作しています。こういったプロセスを経て出来上がった様々なオブジェクトをたくさん並べて、組み合わせたり、ひっくり返したりしているうちに、そこからまた自分が想像していなかった形を作り出すことが出来ます。

今は、自分が見たことのないようなものを作ることができたときの感覚を皆さんとシェアしたいという気持ちで展示会を開催しています。

There are times that I find my just-finished work not so interesting even though I created it exactly how I imagined it in my head.

In my opinion, the images in one’s head are affected by scenery, creation or images that one has seen before. I try to create something unimaginable that lays in the bottom of my memories or combines images which are not even connected in my head.

First thing I do when making a new work is to sketch. Facing a blank paper makes my head tense so that, my first drawings tend to be unattractive. The more I keep drawing; however the more unnecessary thoughts vanish from my head, which enables me to create something innovative. 

The glass blowing technique allows me to create something very curvilinear and organic like natural materials or give a lively shape, which cannot be drawn on a sketch book since it has a tendency to shift shapes depending on heat and gravity.

Attracted by charm of this material called glass, which is full of new findings, I’m always excited to create a new work without getting tired.

I can create a shape that I’ve never imagined by lining up, combining or turning upside down various completed objects which have gone through these processes.

I’m holding an exhibition hoping to share the sensation that I feel when I’m able to create something I’ve never seen before.

© 2015 BAKU TAKAHASHI All Rights Reserved